走って痩せる!には、正しい方法が必要 - 失敗しないダイエット

自由形式

走って痩せる!には、正しい方法が必要

こんばんは(*^^)v

ダイエットサポーターの蘭です。

こう、暑いと外に出るのが億劫ですね。

それに今は外に出ると危険ですね。(・.・;)

熱中症になっちゃいます。

ランニングはダイエットにいいといわれていますが、
本当にやせるのでしょうか?


毎日走っているのに、なぜか痩せない。

そんな悩みを抱えている人はたくさんいます。

それにも増して、走りすぎることで余計な筋肉をつけ、
本来であればしなやかな筋肉が育つはずが、
がっしりとした男性のような体になってしまうことも。

それほど悲しいことはありません。

ランニングブームのこの時代、さてどのくらいの方が
正しいランニングをしているのでしょうか?

もしあなたもランニングをしていても痩せないと
悩んでいるのなら、この機会に正しいことを
知っておきましょう。


そうすれば、決して醜い体になることなく
理想的な体を手に入れることができるのです。


では今のあなたのランニングを振り返ってみましょう。

お友達と健康のために、
ダイエットのためにと始めたランニング。

週に1、2回もしくは月に2回ほどでしょうか。


そして、その後お疲れさま!「走った分だね」なんて、
ビールとお食事を楽しまれているのでは?


それでは、痩せることはできません。

走った分体もエネルギーを欲しているのですから、
食べたら食べた分、飲んだら飲んだ分体に
吸収されてしまうのです。


走って痩せるには3つのステップが重要です。

まずは週1回走ることができるようになること。

こうすると、体の巡りがよくなり、
循環もよくなりまずむくみにくい体になります。

そして習慣化することで体全体に筋肉がつくと
代謝があがります。

足だけでなく、背中やお腹にもそして腕にも
適度に筋肉がつくようになります。


こうすると、走っていなくても常に体が燃える習慣を
身に付けることができるようになるのです。

そうすると、無駄な脂肪が勝手に燃えてくれ、
あなたが思っていた通りのダイエットにつながることでしょう。


まずは「フォーム」です。

見よう見まねで走っている方は、
何と言ってもフォームに問題があるのです。


意識するのは肩です。


肩胛骨を内に寄せるようなイメージで腕を振りましょう。


最も良くないのは、
背筋が曲がり体より前に足だけ前に出ている状態

正しいフォームの場合、足は体の真下に着地しています。

足だけで体を進ませようとすると、足に疲労がたまり、
これ以上走れない!

という状態になってしまうことに。

そして足に変な筋肉をつけてしまう原因にもなってしまうのです。

正しいフォームが身につけば、
今まで長い距離を走ることができなかった場合も、
それが出来るようになります。


初めは30分から、そして1時間、
ゆったりとしたペースで構いませんから
長い時間を走れるようになることを意識して
行ってください。


早く走っても、今の段階では
あなたの体に負担をかけてしまうだけですから!

60分走れるようになったら次はもっと長い時間を走りましょう。


この頃には美しい筋肉がつき、
今まで以上に走りやすくなっているはずです。

代謝もあがり、一定のペースで走ることができると思います。

もちろん、音楽などを聴きながら
自分のリズムで走っていただいてけっこうです。


最後の段階になってきました。

ここまできたら後は、
脂肪が燃えていくのを感じながら走ればいいのです。

距離を意識しながら、今まで以上に体が軽く、
テンポも軽やかになっていることと思います。

時間をかけて行うことで、今まであなたが
間違ってしていたランニングが変わります!

ぜひ挑戦してみてください。


走るのではなくて「歩いて痩せるには?」



2010-07-25 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 失敗しないダイエット All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。